スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

第12回「犯罪被害者支援京都フォーラム」を開催しました

ページ番号116415

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年3月1日

第12回「犯罪被害者支援京都フォーラム」を開催しました

 京都市では,平成23年4月の「京都市犯罪被害者等支援条例」の施行を機に,社会全体で犯罪被害者を支え,安心して暮らせる地域社会の実現を図るため,各種の啓発事業に取り組んでいます。

 条例の施行からまもなく1年が経過するのを機に,公益社団法人 京都犯罪被害者支援センターと本市の共同により,市民一人ひとりの役割や,支援団体・行政・警察などが連携した支援の充実について考える,第12回「犯罪被害者支援京都フォーラム」を平成24年2月4日に開催しました。

 当日は,150人余りの方にご来場いただき,まず,NPO法人全国被害者支援ネットワーク副理事長の平井紀夫氏から,「市民にとっての犯罪被害者支援」と題した基調講演をいただきました。

基調講演

 その後のパネルディスカッションでは,(公社)京都犯罪被害者支援センター理事 川本哲郎氏のコーディネートの下,犯罪被害者御遺族,京都府警察,京都市がパネリストとして参加しました。

 京都市から条例制定の背景や現在の施策推進状況について報告を行った後,交通犯罪で掛け替えのない御家族を失った遺族の方が自らの体験をお話しいただき,京都府警察から当時の状況や現在の支援の取組について説明されました。

パネルディスカッション

 犯罪被害に遭うということはどういうことか,被害者や家族など周りの人はどのような状況に置かれるのか,また,被害者支援の活動の意義,社会全体で支える重要性や市民の果たす役割とは何かなどについて,会場の皆さんは認識を深められました。

会場の様子

◆詳細はこちら

第12回「犯罪被害者支援京都フォーラム」摘録

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局くらし安全推進部くらし安全推進課

電話:075-222-3193

ファックス:075-213-5539

フッターナビゲーション